プツプツ・ポツポツしたじんま疹は実は奥が深く危険なこともある

じんま疹がなぜできるのか、その理由をしっかりと知っておくことは、いざという時に役に立ちます。自分にできている湿疹は何が原因なのか、もしかすると大きな病気の前兆や兆候であるということもありますので知っておく必要があるでしょう。

蕁麻疹は、皮膚の紅斑のことと捉えていい

蕁麻疹、これは皮膚の一部分に赤みを伴って皮膚が盛り上がってしまうけれど、しばらくほうっておくと消えるような特徴を持っています。蕁麻疹の多くは、激しい痒みが出てくることが多いですので、そのかゆみにストレスを感じて、知らないあいだにかきむしってしまうこともあります。

掻き壊したところが皮膚の損傷を受けることとなり皮膚の炎症がひどくなって悪化するということもよくあることです。症状と、その理由を理解しておくことで、掻き壊す前に、正しい対処をすることができるといいでしょう。症状は最初は赤い点々が皮膚にできているだけだったといところから、それが1つ2つと増えていき、だんだん体に増えていくというのが特徴です。体のあらゆる皮膚のある場所にできるという特徴も持っています。痒くて仕方がないこともあれば、かゆみが一切ないこともありますので、その時によって違いがあります。

数分で消えることもあれば数時間で消えることもあります。数日消えないこともありますし治療を受けなければ消えないこともあるのです。

蕁麻疹の現れ方と症状については様々

蕁麻疹と一言でいっても本当に現れ方も症状も様々です。どれも同じではないのです。蕁麻疹として現れる膨疹は、だいたいサイズで言えば2ミリから3ミリくらいです。しかし場合によっては10センチ以上大きく広範囲に広がることもあります。

1箇所にできていることもあれば、数箇所にできることもありますし、広く広がることもありますので様々です。症状が強く出ている場合には、新しい湿疹が増えて行って広がることもあるでしょう。大半はかゆみという症状を伴うこともあるのですが、神経痛を伴ってチクチクとした痛みを伴うケースもあります。

できる場所も同じではなくて、皮膚ではありますが、唇の上似でいる、ギリギリの場所にできるなど、皮膚ではない粘膜と皮膚の間のギリギリのラインにできることもありますのでいろいろです。できる場所によっては、息苦しさ、体の不調を引き起こすこともありますので、できる場所を見て受診の判断を決めるといいでしょう。

なぜ蕁麻疹ができてしまうのかその理由は?

なぜ蕁麻疹ができてしまうのか、その理由は様々ですがアレルギーが原因のものと、アレルギーが原因ではないものがあります。食べ物によるアレルギーや何かに触ったことによるアレルギー反応などが一番多いでしょう。