じんま疹はなぜできるのかその原因を知る

じんま疹ができたことがないという人ももしかするといないかもしれません。それほど身近に簡単にじんま疹というのはできるのですが、それはなぜできるのか考えたことがありますか?原因は様々ですが、ここでは原因について見ていきましょう。

なぜできるのか、その理由を知ることが大事

なぜ自分の皮膚に赤く湿疹ができているのか、その理由を考えたことはありますか?何らかの反応として出ているはずですので、何かしらの理由があるはずなのです。アレルギー性のものとアレルギーは関係ないものと大きく分けると2つに分けることができます。

アレルギーの原因は一番多いこととして食べ物や食品添加物に合わないことがよくあります。また動物アレルギーなども多いですし、ホコリ等の空気中の状態によってアレルギー反応を起こすことがあります。

アレルギーはそもそも体の中で異物としてそれらが認識されることによって細胞から色々な化学物質が出されます。その1つにヒスタミンがあるのですが、ヒスタミンは皮膚の血管を拡張させて血液の水分を血管の外に出します。それが皮膚の赤みの原因になっています。ヒスタミンはかゆみの原因にもなりますので、これがかゆみにつながるとも言われています。

アレルギーが原因ではない蕁麻疹は何が原因?

アレルギーが原因ではないこともありますが、それではその場合は何が原因なのでしょうか。アレルギーではない場合には物理的な刺激が原因になっていたり、例えば摩擦ですね。

下着と皮膚が擦れて摩擦を起こしてその部分にできることもありますし、ずっと何かに抑えられていることで圧迫された部位にできることもあります。

気温の暑さ、寒さ等が関係していることもありますし、日に当たるだけでできる人もいるでしょう。お風呂に入ると血液のめぐりが良くなりますがそれが原因でできるという人もいます。ストレスによってできてしまうこともあります。ストレスがかかると反射的に体がじんましんを出すということもあるのです。

原因は1つではありませんが、必ず原因があってこそ発症しているのでそこにアプローチすることが対処法につながると言えるでしょう。原因を探ることが対処の第一歩です。